株式会社スタジオグラム

【4通目】新人デザイナーに贈るデザインオフィス経営者からの10通の手紙


4通目:提案ベースで。(実践編)

 

photo by annie spratt

 

 

自分から動く。
具体的にどうするか?

 

オススメは
可能性がありそうだと感じることは
誰かに相談、提案してみる
こと!

 

最低限の情報整理は必要だけど、
(単なる思いつきだけだと根拠をツッコまれるからね)

 

・こんな案どうですか?
 この表現でこれが伝わりそうな気がします。

 

・似たようなこんな事例見つけました。
 この辺りが参考になりそうじゃないですか?

 

・A案とB案どっちが良いと思います??

 

こんな風にどんどん提案してみて欲しい。
多少「こいつうざいなぁ、、」くらいでちょうどいい。

 

君の提案や成長を止める権利は誰にもないのだから。

 

 

ある程度の知識と経験がある上司なら、
君の考えていることはだいたいわかっている。

 

じゃあ何を期待しているか?

 

仕事に取り組む姿勢、これだけ。

 

積極的に前向きなエネルギーがあるかどうか?
ここに上司は可能性を見つける

 

そのためにはうざいくらいの提案型になってみること。

 

変な提案じゃないかな?
とか
失敗するかも・・・

 

こんなことは恐れなくていい
そもそもクライアントへの提案が失敗することはあっても
その制作過程での失敗なんてあるはずがない。

 

検討案は少なくて困ることがあっても、
多すぎて困ることはひとつもない。

 

だから、恐れずにどんどん提案して欲しい。

 

 

 

 

___
1通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(心持ち編)

 

2通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(実践編)

 

3通目:提案ベースで動く。(心持ち編)

 

4通目:提案ベースで動く。(実践編) <<<

 

5通目:答えはネットにはない。(心持ち編)

 

6通目:答えはネットにはない。(実践編)

 

7通目:数を質へ。(心持ち編)

 

8通目:数を質へ。(実践編)

 

9通目:成長とは何か?(心持ち編)

 

10通目:成長とは何か?(実践編)

コメントは受け付けていません。


長期視点で強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP