株式会社スタジオグラム

【1通目】新人デザイナーに贈るデザインオフィス経営者からの10通の手紙


1通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(心持ち編)

 

photo by alvaro serrano

 

 

この10通の手紙は、
これからデザイナーとして生きてゆこうとする人たちに向けた、
私からのちょっとおせっかいなメッセージです。

 

いちデザイナーとして、いち経営者として、
スタッフを雇用するという経験を通して
私が感じ気づいたことを素直に書きます。

 

いつかどこかのだれかの役に立ったならば、
嬉しいなぁと思います。

 

※弊社の元スタッフに向けて書いています。
ちょっとわかりにくい描写があるかもしれませんが、
ご理解ください。

 

では、はじめます。

 

 

 

◯1通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(心持ち編)

 

デザイナーの仕事は考えることが半分。
表現することが半分。

 

この考える、というフェーズで大事なことが
「多くの視点を持つ」ということ。

 

僕は君のおよそ2倍の人生を過ごして来た。
なので、僕の方が知識量や経験が多いのは当たり前。
(むしろそうでなければ、上司として信用信頼できないよね)

 

だから、君より多くの視点を持っている。
でも、君はこれからたくさんの視点を
身につけることができるんだよ。

 

 

クライアントは多種多様。
一人、一社として同じではない。

 

そんなクライアントとクライアントのお客さまの間
僕らの仕事のフィールドだよね。

 

だから、クライアントの視点も
お客さまの視点も両方持っていないといけない。

 

じゃないと自分がつくりたいものを提案する
エゴデザイナーになってしまう。

 

自分がつくりたいものをつくって評価される、
これはアーティストの領域。

 

僕らはあくまで商業デザイナー、
クライアントやお客さまのためにデザインする。

 

そのためには
クライアントの気持ちになってみること、
お客さまの気持ちになってみること、

 

いつもここから出発することを心がけてみて。

 

 

 

___
1通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(心持ち編) <<<

 

2通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(実践編)

 

3通目:提案ベースで動く。(心持ち編)

 

4通目:提案ベースで動く。(実践編)

 

5通目:答えはネットにはない。(心持ち編)

 

6通目:答えはネットにはない。(実践編)

 

7通目:数を質へ。(心持ち編)

 

8通目:数を質へ。(実践編)

 

9通目:成長とは何か?(心持ち編)

 

10通目:成長とは何か?(実践編)

コメントは受け付けていません。


長期視点で強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP