株式会社スタジオグラム

【2通目】新人デザイナーに贈るデザインオフィス経営者からの10通の手紙


2通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(実践編)

 

photo by anne nygard

 

 

じゃあいざクライアントの視点になってみて、
と言われてもそりゃできない。

 

できるためには練習が必要。
いろんな練習方法があるけど、
日々のスキマ時間にできるオススメがある。

 

それは「人間観察」

 

・街を歩いていて見かけた、足早に信号を渡る身なりが整ったおじさん。
・カフェの右斜め前で、コーヒーを飲んでいるOLさん。
・電車で前に座ったお母さんと子供。

 

一体、彼、彼女たちはどんな人生を送っているんだろう?

 

・なぜ今この場所にいるんだろう?
・これから何をしようとしているんだろう?
・これからどこに行こうとしているんだろう?
・何を幸せだと感じるんだろう?
・何を悲しいと感じるんだろう?

 

 

想像してみて。

 

そして、なぜ君はそう考えたんだろう?
顔つき?年齢?服装?仕草?言葉遣い?持ち物?髪型?

 

無意識にいろんな情報を受け取っていて、
その結果、こんな感じかなぁという想像をしている。

 

その根拠にしっかり目を向けてみて。
理由を探してみて。

 

これが言語化できるようになったら、
その人の視点で少しだけ世の中が見えるようになってくる。

 

ってことは、
彼ら彼女たちの視点に立って物事を考えられるということ。

 

この数を増やしてゆくと、
自ずと視点が増える。

 

だから、自分以外の視点で
物事を考えられる
ようになるんだ。

 

 

 

 

___
1通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(心持ち編)

 

2通目:「視点を増やす」という視点を持つ。(実践編) <<<

 

3通目:提案ベースで動く。(心持ち編)

 

4通目:提案ベースで動く。(実践編)

 

5通目:答えはネットにはない。(心持ち編)

 

6通目:答えはネットにはない。(実践編)

 

7通目:数を質へ。(心持ち編)

 

8通目:数を質へ。(実践編)

 

9通目:成長とは何か?(心持ち編)

 

10通目:成長とは何か?(実践編)

コメントは受け付けていません。


長期視点で強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

お問い合わせはこちら お問い合わせはこちら arrow_right
PAGE TOP