株式会社スタジオグラム

package / グリーンライフ産業株式会社 様


 

来社されるお客さまにお出しするウェルカムウォーター。
そのボトルデザインのご紹介。

 

製作の意図

 

・水という好き嫌いがない飲み物を提供。
・持ち帰れるので「打合せの最後に急いで残りを流し込む」という誰のためにもならない時間をゼロに。
・打合せ担当者が自分の手で持って渡せるので、お茶を出す、という役割の人が不要になる。
・オリジナルデザインボトルで話のきっかけづくり。

 

 

タッチポイントをデザインする

 

会社と顧客のタッチポイント(接点)は無数に存在します。
そのひとつひとつに目を凝らし、独自のブランドアイデンティティに沿って丁寧にブラッシュアップし、そのブラッシュを継続することで、全体が常に底上げされている統一された印象をもたらすことができます。

 

その結果、ブランドが生まれます。
ブランドは消費者・顧客の心の中に生まれるもの
決して無理やり情報を押し付けてどうにかなるわけではありません。

 

 

点を線に、そしてその先へ。。。

 

私達が何かをデザインする時、どんな情報を誰に伝えるか?はとても重要ですし、
加えてタッチポイントのひとつとして、どの点とつながり、どんな連鎖を起こすのか?ということも大事に考えています。

 

 

 


client : グリーンライフ産業株式会社
design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

次の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP