株式会社スタジオグラム

card / L’artista 様


先日オープンしました糸島のレストランL’artista
お客様も増え、盛況のようです。良かった。

 

打ち合わせ時には不要だと思っていた名刺の依頼があり、追加で制作しました。

 

 

 

片面は、ショップカードと同じデザイン。
もう片面は、オーナーシェフの名前とお店の情報。

 

 

あえて新しい表現にしなかったのは理由がありまして。

 

オープンして1ヶ月。
今はまだまだ、名前とロゴマークをお客さんに浸透させる時期です。
なので、あえてショップカードと同じデザインで統一し、一貫性をもたせました。

 

世の中に溢れている新しい表現をやるのは簡単なんです。
世の中は情報で溢れているから、その時になんとなく目にしたデザインを取り入れるのは簡単。

 

でも、それだとブランドは生まれない
人々の記憶の中にオリジナルな世界観を構築できないんです。

 

意図的に一貫性を持った情報発信を継続する
私が所属するブランドマネージャー認定協会でも口酸っぱく繰り返されている言葉です。

 

あなたの会社ではどうでしょうか?
意図的に、一貫性を持った情報発信を継続できているでしょうか??

 

 

 


client:L’ARTISTA(facebook) Instagram

namecard design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP