株式会社スタジオグラム

car wrapping / OBJECTUM CASA 様


 

 

OBJECTUM / OBJECTUM CASA様の配送用トラックの荷台カバーデザイン事例のご紹介。

 

このトラックは、
たくさんの家具を載せ福岡市内外を縦横無尽に走り回っています。

 

 

このような車のラッピングは、「街中での広告効果」が目的です。
わかりやすい事例として、郵便局の赤い車やクロネコヤマトの黄色と緑のトラック、佐川急便のシルバーとブルーのトラックなどは、みなさん記憶を呼び起こせるのではないでしょうか?

 

以前の日記で、「ブランド認知のための2ステップ」について書きました。

 

まずはその商品やサービスの存在を知ってもらうことが大事で、
その次に、欲求に紐付けて商品やサービスを呼び起こす、
この2ステップでブランド認知を考える、という内容です。

 

今回のトラックの荷台カバーは、街中を走り回ったり家具の納品時に駐停車している時に、何気なく見かけた人の記憶に残ることが狙いです。

 

 

全ての広告物は

 

「誰に × どんなメッセージを × どんな状態で伝えるのか?」

 

を明確にする必要があります。

 

 

目的を的確に捉え、適切なデザインを行うこと。
それが私たちの仕事です。

 

 


client : イズミファニチャー
design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP