株式会社スタジオグラム

bag / グランド工房 様


 

 

ペーパーバッグのご紹介です。

 

九州・関東圏でガーデン&エクステリア事業を展開されるグランド工房様。 タッチポイントのデザインをまとめて一新した中のひとつが今回の紙袋です。

 

タッチポイントとは: ブランドとお客さまとの接点。ロゴマークやWEBサイト、名刺、封筒などのわかりやすいものから、電話対応ユニフォーム、口コミ、スタッフの身だしなみまであらゆる要素を含みます。 考えはじめるとキリがないですが、それらがお客さまの心象に影響を与えることは事実ですので、ブランドデザインを行う際は優先順位(費用対効果)の高いタッチポイントから取り組んでゆきます。

 

 

以前のペーパーバッグは光沢紙にロゴマークがずらりと並んだデザインでした。 デザインが悪いわけではありませんが、「グランド工房らしい??」と聞かれると素直にうなずけないのも事実。

 

デザインの良し悪しはブランドアイデンティティに沿っているか? で判断します。

 

グランド工房のブランドアイデンティティは以下3つです。 ・地球をキャンバスに大地に絵を描く ・人と人とのコミュニケーションを大切に ・日々に暮らしに溶け込む

 

これらに照らし合わせと 以前のデザインは「らしくない」と判断しました。

 

 

そんな経緯もあり、紙質から選び直し、 デザインもすこし控えめにして普段使いができるようリデザインしました。

 

その後の話では、スタッフのみなさんをはじめ、 お客さまにも好評と聞いています。

 

 

 

 

 

— client : グランド工房 bag design : 株式会社スタジオグラム —

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP