株式会社スタジオグラム

logo / TOYBOXX 様


始まり

住まいづくり(リノベーション)業界を一旦離れ全く異なる仕事に就くも、
どうしても住まいづくりに携わる仕事をしたくて業界に戻ってきた山田氏。

新しい門出にふさわしいロゴマークをデザインさせて頂きました。

 

 

コンセプト

時を重ね、会話を重ねてつくりあげるあなたの住まい。

 

 

ブランドストーリー

さあ、深くて楽しい住まいの話をはじめましょう!

 

 

___
オーストラリア、メルボルン南西に位置する
世界中から人が集まるBells Beach。

 

いくつもの波を超えながら
沖に向かってパドリングしてゆく一枚のサーフボード。

 

ゆっくりと進むボードは、
これから住まいをつくろうとする
あなたに伴走するガイド役。

 

不動産、建築、構造、設計、資金計画に
精通しているからこそ、安心して住まいづくりを任せて頂きたい。

 

住まいづくりのために必要なこと、
それは、時間を重ね、会話を重ねること。

 

信頼できるガイド役とあなたの感覚を共有し広げて深めることが、
あなたらしい住まいづくりの第一歩。

 

まだ見ぬ住まいをつくりあげるために、
一緒に波を超えてゆきましょう。

 

いくつもの波を超えた先には
深い海と見たこと無い景色が広がっています。

 

住まいは大切なモノたちが集う場所。
あなたはTOYBOXXに何を入れますか?

___
さあ、TOYBOXXのドアを開きましょう!

 

 

デザインモチーフ

 

 

 

 

ロゴマーク

 

 

 

ロゴマークの展開イメージ

 

 

 

ロゴマークに込められたメッセージ

 

ロゴマークは主の代わりにメッセージを代弁してくれるカタチです。

 

たくさんの住まいづくりへの想いを受け取った私は、
全部の情報を机に並べて、一番大切なメッセージを探して見つけて
大事にすくい上げてカタチをつくりました。

 

ということは?
ロゴマークをひと目見ただけでは伝えきれないメッセージがたくさんあるということです。
山田氏の住まいづくりへの情熱やこだわりは、とても一言で言い表すことはできません。

 

ぜひ、福岡で住まいづくり(リノベーション)を検討されている皆さん、
一度山田氏の話を聞いてみてください。

 

名刺交換はちょっと記憶に残る体験になりますよ!

[ TOYBOXXの情報はコチラ ]

 

 

打ち合わせ時に資料を読み込む山田氏。
打ち合わせはキャッチボールをするように一緒にデザインをつくりあげてゆく感覚です。

 

 

client:TOYBOXX 様

logo mark design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

次の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP