株式会社スタジオグラム

card / TOYBOXX 様


 

TOYBOXX様のロゴマークに引き続きの名刺デザインです。

 

「大きくて深い本人の人柄」をどう名刺に活かすか?

 

 

辿り着いたのは、 細かい繊細さより、太く大胆に且つしなやかなデザイン。

 

[point1]:ロゴマークをそのまま名刺全体に展開。

 

[point2]:住まいづくりという4次元(3次元+時間経過)をどうにか名刺に落とし込めないか?

試みたのは、「名刺に穴を空ける」こと。

 

 

ただ穴を空けるだけなら、たまに見かけたりしますが、

今回は違います。

 

名刺交換のその場で穴を空けるんです。

その瞬間こそが「一枚の紙」が次の次元にステップアップして「立体=空間」になる瞬間

 

その穴は、まだ見ぬ住まいの玄関のドアノブであり、

本人の数十年続くライフスタイルの1つであるサーフィンのボードでもある。

 

理想の住まいづくりへの扉を開き、 信頼されるガイドとなり、お客さまを深く楽しい世界へとお連れする。

 

 

そんな物語のきっかけをつくる名刺デザインです。

目の前で名刺に穴を空けて渡されたら、絶対忘れないでしょう??

 

(常にパンチも持ち歩かなければならないのですが。。。)

 

 

 

cliant:TOYBOXX 様

card design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


前の記事へ

関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP