株式会社スタジオグラム

logo / グランド工房 様


 

 

始まり

 

グランド工房様が2020年4月15日に第1号店をオープンさせて20年目を迎えます。

 

20周年に向けてこの1年を特別な時間にしたい、とのご相談を頂きました。
1年間いろんな企画を考えるに当たり、まずはこのポイントを押さえましょう、とお話ししました。

 

「20周年」を誰に向けて何を伝えるタイミングだと考えるのか?

 

ここが決まっていないと、企画や製作物といったアウトプットがブレてしまいます。
費用対効果を最大化するために、慎重にヒアリングを行いました。

 

その結果、私たちがご提案した一部をご紹介します。

 

 

コンセプト
Our Time

 

私たちの時間

 

 

メッセージ

 

労働人口が減ってゆく時代、社員一人ひとりに何を求めるか?

 

生産性と生産価値の向上、だと考えます。
そのために何をするか?

 

・一人でも多くの人の役に立つこと
・一緒に楽しみ、一緒に喜び、一緒に成長すること

 

そのために、グランド工房は何ができるか?
まずはスタッフ同士、職人さん同士が一緒に楽しみ、一緒に喜び、一緒に成長すること。
同じ時間、体験を共有し、話し、笑い、時には感じる違和感を解決しようとすること。
五感を通して肌感覚で理解すること。
そこに知識を超えた理解と共感が芽生える種がある。

 

そのための場と時間と体験づくり。
それが=インナーブランディング。

 

その体験・体感がお客様に伝わる時、
アウターブランディングとして機能します。

 

 

誰に何を伝えるか?

 

今回の企画は以下になります。

 

誰に?:グランド工房のスタッフの皆

 

何を?:今は君たちが大活躍する時代だよという背中を押す激励のメッセージ

 

 

ロゴマークはメッセージ+カタチ

 

いろんなところでお話していますが、
ロゴマークそれ自体には価値はないと考えています。

 

なぜならロゴマークとは、何かを伝えようとした結果に生まれるカタチだからです。

 

中身のメッセージがなければただの「ガワ」にしか過ぎません。

 

心がこもっていない笑顔、
カスタードクリームが入っていないシュークリーム、
春が来ない冬(これは違うか)

 

のようなものです。

 

 

今回のロゴマークを整理するとこんな感じです。

 

メッセージ:
グランド工房で働くスタッフみんなに向けて「今を生きる君たちがつくる、これからのグランド工房」という激励の想い。

 

カタチ:
カメラのシャッターがデザインモチーフ。
一瞬を切リ取るように、今という時間を精一杯生きることが未来をつくる。

 

そんな背景のもと完成したロゴマークです。

 

 

 


client : グランド工房
logo design : 株式会社スタジオグラム

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

「好き」、をブランドに。強い商いをつくる中小企業のデザインパートナー。

[ 会社案内はコチラ ] [ 会社案内はコチラ ] arrow_right
PAGE TOP