[名刺]賞味期限切れの名刺、使っていませんか?

デザインにも賞味期限がある!?

全てのデザインには賞味期限があります。

デザインの目的は問題解決なので、
その問題が解決したら役目を終えることになります。

ここでよく見かけることは、
問題は解決したのに同じデザインを使用し続けてしまうこと。
これはもったいなーと思います。

人間や植物が新陳代謝しながら進化するように、
デザインも環境や目的にあわせて変化、進化ができます。

名刺はどんな問題を解決する??

さて、名刺はどんな問題を解決するのでしょうか?

大きく2つに分けられます。

1:事実情報の伝達
2:感覚情報の伝達

名刺を文字情報が羅列されただけの1枚の紙、だと考えていては、
それ以上の広がりも深みも生まれません。

1枚の紙に何を込めるか?
ここに脳に汗をかき、試行錯誤する意味があると思うのです。

そこで費やした時間や想いは必ず誰かに届きます。


詳細はコチラをご覧ください。

五感を意識したら、嬉しい言葉が降ってきた。

2020年2月28日

名刺デザインを変えるタイミングはいつ?

では「名刺デザインを変えるタイミングはいつ?」についてお答えします。


一つは「1:事実情報」が変化した時

肩書きや電話番号や会社の住所が変わった時。
このタイミングはリデザインのきっかけです。

もう一つは、「2:感覚情報」が変化した時
弊社はこのパターンでした。

数ヶ月前から新入スタッフが入り、
私1人での運営から複数人での運営にシフトしました。

そのタイミングで私たちの方向性をもう一度考えてみたら、
ロゴマークのリニューアルにたどり着きました。
つまり、一番に伝えたいことが変わったんです。

一番伝えたいことは?

私たちが伝えたい感覚情報がどう変化したか?

以前のマーク:「g」のロゴマークに斜めのラインが入ったマーク。

↑このロゴマークから、こう変わりました↓

現在のマーク:月をデザインモチーフとしたマーク。


ロゴマークの説明は会社概要を読んで頂ければと思いますが、
一番に伝えたいことが変わったので、名刺デザインも変更することにしました。



名刺デザイン事例:毎年名刺をリデザインするクライアント。

[名刺]”らしい”名刺デザイン

2020年3月19日





名刺をリニューアルをご検討中でしたら

弊社では名刺デザインのみのご相談も随時お受けしております。
お気軽にご相談ください。