ブランドとは何か?そのつくり方。

一般社団法人ブランドマネージャー認定協会が主催する「ベーシックコース」というセミナーにアシスタントとして参加しました。福岡で開催された計2日間のセミナーです。



このセミナーで何が学べるか?というと、
・体系的にブランドに関する知識
・ブランド構築の型

大きくこの2つを学ぶことができます。
テキストの説明だけではなく、実際に手と頭を動かすワークもあり参加者満足度の高いセミナーです。



私は2017年から当協会に興味を持ち、
2級(今回参加したベーシックコース)

1級(アドバンスコース)

トレーナーコース
と受講を重ね、現在トレーナーになるための準備中です。



協会を通じて私が一番感じていること、
それは「どんな理論も思考方法も型も反復して使わなければ意味がない」ということ。



よく「“知っていること”と“出来ること”は全く違う」と言われます。

自転車の仕組みを知っていても乗れるのは別の話、
クロールの泳ぎ方を知っていても実際に泳げるのは別の話、
世界一美味しいパスタのレシピを知っていても、作れるかは別の話、

これと一緒で、「ブランドとは何か?」「ブランドをどうやってつくるのか?」を知っていても、
実際にブランドをつくれるか?は全く別の話です。



ではブランドをつくるためには何をすれば良いのか?

___理解と実践です。

協会ではブランド構築の型をお伝えします。
その型をまずセミナー内で一度「実践」します。
そしてその難しさを理解してもらうのです。

消費者・顧客にブランドとして認知してもらうためには、継続的な活動が不可欠です。
ですので、まず体験してもらい、その後は自社にもどって、社内チームなどと一緒にその型を繰り替えし使うことで徐々にブランドづくりに慣れてもらうのです。



そのようなことを学ぶためのセミナー、ブランドマネージャー認定協会の「ベーシックコース」に参加してきました。

私自身、日々の振り返りになる貴重な時間でした。
世の中に「自分は何者か?」を知っている企業や人が増えることを目指して、日々ブランディングのサポートを行ってゆきたいと思います。

___
興味がある方は以下から詳細をご覧頂けます。
全国各地で講座が開催されていますので、ぜひご参加ください。
まずはどんなところか知りたい、という方には2時間の入門セミナーもあります。

一般社団法人ブランドマネージャー認定協会