世界的建築家からの刺激

谷尻誠氏の講演を聞くため、クライアントの社長に誘われ北天神のカンディハウス様へ。

 

1時間半に迫る濃い時間。
生い立ちから始まり、過去や現在進行中のプロジェクトについて語る谷尻氏。ハリのある声での軽快なトークとチャレンジスピリットがビシバシ伝わる画像で情報の洪水に巻き込まれたようだった。

人と同じことが大嫌い、だけどかまってちゃんで協調性のあるB型、という自己評価がぴったりな、とても(良い意味で)天の邪鬼で抽象度の高い物事の捉え方が私の脳に刺さった。

 

カンディハウスショールームで行われた懇親会で少しお話した時に印象的だった言葉が2つ。

「お金持ってる人とアイデアや技術持っている人が価値交換してるだけ。どっちが上とかそんなものない」

(スタッフとのゴールの共有などは難しくないのか?という私の質問に対して)
「多様性が大事。自分の言葉が誰かの意見とぶつかって新しいゴールが生まれる」

 

氏の価値観を垣間見れる言葉。
世界で戦う建築家の生の言葉、刺激にならないワケがない。