System of TOKYO.

東京へ行っておりました。

ハタチ前後に住んでいた頃の細い記憶を辿りながら、毎日歩いてきました。1日2万歩を数えたときはさすがに足が棒でしたけれど(笑)

懐かしい顔を訪ねたり、一期一会を楽しんだり、東京の「変化」しまくるショップを体験したり、長い年月変わらない「不変」な建物を見学したり、濃い日々でした。

印象的だったのは、東京駅に降り立ち、まるで水の流れのように止まることなく動き続ける人の群れの中でのこと。1300万人が住む都市に、国内外からの人が出入りしながら、よくこの東京というシステムが成立しているなぁと。

乗り物だけをみても、電車、バス、飛行機、タクシーなどそれぞれに始点と終点があり、それぞれが有機的に接続するルールがありシステムがある。私たちはそれを理解し使いこなして、私たちが行きたいところへ到着することができる。

これってすごくないですか?