2つのニーズ。

Photo by Tùng Lê Bá on Unsplash

「ニーズ」
ニーズを探る・満たす、ニーズとウォンツ。
などなど、良く聞かれるワードですね。

仕事へのアプローチは常に2つあると思っています。

1:顕在ニーズへのアプローチ
2:潜在ニーズへのアプローチ

クライアントが想像している方向と同じベクトルの価値を提供し満足してもらうか。
または、全く別の価値観を提供し大満足してもらうか。

比較すると、
顕在ニーズを満たす価値の提供はハードルが低い。
潜在ニーズを満たす価値の提供はハードルが高い。

ただ、クライアント自身が気づかなかった潜在ニーズを満たした場合、値段がつけられないような価値とインパクトを生み出すことができると思う。ある意味企業の方向性や人生を変えてしまうほどのインパクト。

どちらが正解という話しではないけれど、常に持っておきたい考え方だな〜と思います。