問い合わせが止まらない

Photo by Viktor Jakovlev on Unsplash

「問い合わせがとまらないんです。しかも私たちを本当に求めているお客様からの」

そんな嬉しい悲鳴について話してくれたのは、5年8ヶ月のお付き合いになるリノベーション事業を展開するクライアント。忙し過ぎてお客様をお断りすることもあるんだそうです。

この結果は当然のものだと私たちは捉えています。
日々お客様の気持ちと真摯に向き合い、デザインにも磨きをかけ、商品研究も欠かさず、社内環境向上にも目を向ける。そのような企業努力を継続されてきた。その果実が今実っている、ずっと見てきた私がそう思います。

でもなぜ、問い合わせがとまらなくなったのでしょうか?
しかも、お客様になって欲しいと思っている方々からのお問い合わせ。

リノベーションという選択肢が、規制緩和や国の後押しなどを経て、市民権を得たことは一因です。雑誌やCMなどでも「リノベーション」というワードが日々聞こえてきます。
でも、問い合わせがとまらない理由は時代の流れだけではありません、実際に営業を止めてゆくリフォーム会社も見かけます。その違いは、私たちがお手伝いしているデザイン戦略があります。

「企業とお客様との情報共有の深さ」

このポイントをこの5年8ヶ月間、常に考えながらデザイン提案や制作をおこなってきました。その結果、お客様が企業をWEBで調べたり、資料請求した段階で提供している商品・サービスのレベル感や会社の姿勢、スタッフの雰囲気などがある程度伝わる状態をつくりました。

お客様が企業名を聞いた時に連想されるイメージと、企業側が伝えたいイメージがおおよそ重なっている状態。この状態を「ブランド化」だと私たちは考えています。

この「ブランド化」している状態になれば、とってもコミュニケーションが楽になります。サービスの方向性や金額の感覚が異なる人からの問い合わせはそもそも少なくなりますし、最初に会ったお客様とでも共通の話題が豊富なので話が早いのです。

クライアントと私たちの日々考え続けてきたことが実った、そう思います。

お客様との関係づくりで欠かせないことは、継続的なコミュニケーションです。
大きく2種類に分類されるのですが、、、この話は次回書いてみたいと思います。