【ロゴマーク】3 lines project

「3 lines project」のネーミング考案、ロゴマークデザインのご紹介。

はじまり。

3人の空間に携わる男が起ち上げたプロジェクト。

3人ともそれぞれの企業や組織に属しながらも、社内だけでは成し得ないことに挑戦する。
3人の強みを掛け合わせて「空間づくり、場づくり」というフィールドで新しい価値を生み出してゆく。

という想いが発端です。

 

ネーミングを考える。

それぞれの強みとプロジェクトのビジョンを想定します。

 

A氏:コーディネーター。デザインリノベーションを中心とした住まいづくりのコーディネートが得意。顧客や現場とコミュニケーションを取りながら、物件探し、資金計画、設計管理、施工管理、アフターメンテナンスまで幅広い知識と提案力を持つ。住まいづくりを最初から最後までスムーズに進めるには欠かせない。

B氏:建築士。住む人の暮らしを想像しながらも、一歩引いた目線から状況や環境をとらえ、ムリやムダを取り去ることで、暮らしの芯を削り出しながら空間をつくるストイックな設計士。現場での作業経験も多く、夢をカタチにするには欠かせない。

C氏:デザイナー。紙媒体やWEBだけではなく、空間デザインも手がける。ブランド構築のスキルもあり、店舗づくりなどでその力を発揮する。チームの右脳を引き受ける。

 

このような3人が集い、何をはじめるか?
キーワードは、「空間」「住まい」「デザイン」「3人のプロフェッショナル」だと考えました。

たどり着いたチーム名称は「3 lines project」
3人の男が、それぞれの強みを活かしながら、新しい価値を持った空間を提案する。そんな想いを込めています。

3本の線は、X軸、Y軸、Z軸の意味も持っています。
やや建築的な話になりますが、空間ができるためには3つの次元が必要です。線1本だけでは文字通り「線」、2本では「面」、そして3本でやっと私たちの世界が在る「空間」ができます。

3つの線(3 lines)は3人の男、3次元、という意味が込められています。

 

ロゴマークを考える。

ネーミングに込めた想いをカタチにします。
50案くらい考えましたが、決定したのはコチラ。

 

わかりやすく言えば「部屋の角」がデザインモチーフです。
床と2つの壁が交差するポイント。ここから全てが始まる場所です。

 

カラーを考える。

決定したのはコチラ。

果汁100%のオレンジジュースのような、ハッキリとしたオレンジ色。
3人が属する企業のカラーを除外し、「住まい」という人が幸せに時間を過ごせる場所、という意志を込めた温かみを感じさせる(ちょっと熱いくらい!?)カラーです。

 

ロゴマーク完成。

そして完成したロゴマークがコチラ。

 

柔らかく丸みを帯びたフォントは、角が取れた人間らしい印象を与えると同時に、男3人のむさ苦しいイメージ(笑)を払拭することが狙いです。

プロジェクト起ち上げ直後は活動内容が伝わりにくかったり、名称もしっかり覚えてもらいたいので、コピーを付加します。
それがコチラ。

 

 

今後の活動が楽しみな3 lines projectです。