【ロゴマーク】“金剛住機株式会社”様

金剛住機株式会社様のロゴマークをデザインさせて頂きました。

金剛とは最も硬い金属、すなわちダイヤモンドのことを指します。
ダイヤモンドは無数にあるカット方により、異なる輝きを放ちます。

昭和34年に創業された金剛住機株式会社、これまでの時間の中でダイヤモンドの原石はカットされ輝きを放っています。そして、これからもさらに磨きをかけ輝きを増す企業であり続ける、、、そんな意志を込めてロゴマークをデザインしました。

 

ーーー
住宅は住む機械である、と20世紀を代表する建築家コルビュジェは語りました。
と同時に家は生活の宝石箱でなくてはならない、とも語りました。

一見矛盾しているとも思える2つの言葉ですが、考え進んでゆくと共通したある想いが見えてきます。

スイスの時計職人の家に生まれたコルビュジェ。
幼いころから父が手がける精巧で精密技術の結晶である時計を見て育った彼が話す「機械」という言葉には、合理的で規則正しく美しさをまとう、という意味があるように感じます。

そして、家とは家族が集いキラキラとした時間を共有する宝石箱ではなくてはいけない、という言葉。
共通することは、家とは人が住み、生活することが存在する理由だということ。

 

ーーー
「金剛住機」という社名には、機械と宝石箱(ダイヤモンド)が含まれています。

創業者がコルビュジェの言葉を意識していた、、、?
かはわかりませんが、社名を紐解いていた私の瞼の裏には、住まいに真摯に向き合う創業者の姿が見えてきました。

そんな個人的な思いも相まった、印象深いロゴマークの1つです。

 

金剛住機様はリノベーションブランドのFLAT Renovation Studioも起ち上げております。

 


design:株式会社スタジオグラム

cliant:金剛住機株式会社